飯塚書店

izlogo

iizuka-shoten Co.,Ltd

〒112-0002東京都文京区小石川5-16-4
TEL03-3815-3805 FAX03-3815-3810

 MENU

 ボタン俳句関連書
 ボタン短歌関連書
 ボタン川柳関連書
 ボタン句集・歌集 
 ボタン一般書
 ボタン新刊案内
 ボタン既刊書籍一覧
 ボタン本のご注文
 ボタン書店様用注文書
 ボタン会社概要
 ボタンHOME

飯塚書店の本について
当社の書籍は全国の書店でお買い求めいただけます。
お近くの書店に在庫がない場合は、ご注文していただければお取り寄せできます
各書の内容見本進呈いたします。
メール・お電話でお申し付けください。(書名によっては、ないものもあります。あらかじめご了承願います)
尚、お急ぎの場合は直接小社からお送りいたします。
詳しくは
ご注文ページをご覧ください。

創業1948年、伝統と信頼の飯塚書店 official websiteへようこそ!

 
 
最新刊川柳書 絶賛発売中! 

『川柳人が楽しむエモい漱石俳句』 
 いわさき楊子 著

夏目漱石は俳人としても有名ですが、その俳句はユーモアと鋭い穿ちで実に川柳的。気鋭の川柳作家が楽しく鑑賞、批評しました。
漱石俳句の対句となる著者の川柳も秀逸。写真、イラストも豊富に掲載。しかもコンパクトで詠みやすい本です。
 

ISBN978-4-7522-4017-4
B6変形判並製
定価1200円(税別)
 --------------------------------------------------------------------------- 
 歌集『ゆりの木の影』著者:安部真理子 第二歌集

【収録歌より】
 歩きつかれ
ベンチにゐれば差し伸べる手のご
 と
ゆりの木の影とどく
 沼の主の蛇にかあらん枝にきて雨にからだを
 うたせてゐたり
 一年に六時間づつためてきてけふはうるふ日
  ギャラリーにいく   
 子午線を越えてよりのちふはふはとすると思
 ひてゐれば君もいふ  
 空色のトラックは移動式本屋さん港町の辻に
 けふは来てゐる      
 
ISBN978-4-7522-8130-6
4/6判上製
定価2500円(税別)
 ---------------------------------------------------------------------------
 歌集『花いかだ』著者:向井 緑

【収録歌より】
 花いかだ川を流れて果てしれぬわが残生を乗
 せていづこへ
 一滴の涙のわけを問ふまでに記憶の中の虹は
 るかなり
 草の絮保たれてゐる静けさに耳朶冷えてきく
 春の梵鐘
 青嵐や風のながれを溯り物恋しさの魚となる
 まで
 叫びつつ果たせしものは何ならむ風鎮もりて
 冬木は黙す
 
ISBN978-4-7522-8132-0
4/6判上製
定価2400円(税別)
 ---------------------------------------------------------------------------
 歌集『月のじかん』著者:山田恵子 第一歌集

【収録歌より】
 死を選ぶ恋など知らず向日葵の花のうつむく
 昼の長さよ
 あこがれの恋を詠えば百円の造花のばらのよ
 うな明るさ
 「笹野さんの娘さん」とはなつかしき響きよ
 父の娘に戻る
 「ありがとうね」母の口調に振り向けば見知
 らぬ人の桜見上げて
 瞬の間に干からびてゆくわたくしに遠い約束
 してはくれるな
 
ISBN978-4-7522-8131-3
4/6判並製
定価1800円(税別
 ---------------------------------------------------------------------------
 短歌書最新刊! 

『短歌文法入門 改訂新版』 日本短歌総研 編著

◆短歌実作に欠かせない文語文法を、実作に即した内容で体系的に解説した定番ベストセラーを、大幅にブラッシュアップ。引例歌をより適切な作品に入れ替え図版も豊富に加えたよりわかりやすく、読みやすい書となりました。


ISBN978-4-7522-1044-3 4/6判 264頁 定価1800円(税別)

 
---------------------------------------------------------------------------

 句集『奎星』著者:小池康生 第二句集

 【自選十句】
 ななふしのやうにどこかにゐてくれる
 邦題がとつてもいいの日脚伸ぶ
 裸木のときが全き完成形
 巣箱掛け最初の雨が降つてをり
 蝶来る棺の窓を開けたれば
 鹿の子の咥へてすぐに後じさり
 画家の眼を通したやうな裸かな
 唐辛子売るや辛さを詫びながら
 魞挿すに名山ふたつ目で結ぶ
 風一重二重三重八重芒原
 

ISBN978-4-7522-5010-4
4/6判上製
定価2000円(税別)
--------------------------------------------------------------------------- 

句集『香日向』著者:清水余人 第一句集

 【収録句より】
 円墳を登りて下りて梅探る
 春の野に頭出したる土偶かな
 落葉松の芽吹きに妻の染まりけり
 山藤や何の何某いまは爺
 昭和はるか植田に雨のしぶきけり
 蟇出できて顔を仰がるる
 武器に触るることなく老いて終戦日
 看板に赤きクリップ文の秋
 週三日行くところあり吾亦紅
 水澄むや閉山といふ行き止り
 毒茸に囲まれてゐる茸好き
 何かある炬燵の中の気配かな
 ニュータウンものみな古りて去年今年
 鰐口を鳴るまで叩き寒参
 母を待つ父のごとくに春待てり
 

ISBN978-4-7522-5011-1
4/6判上製
定価2600円(税別)
  ---------------------------------------------------------------------------

歌集『折り鶴』著者:永野雅子 第二歌集

 【収録歌より】
 語られて語りつがれし言の葉はわたしのうち
 に燠火となりぬ

 とびたたむ意志の集まりタンポポに魅入られ
 て息吹きかけてゐる

 春浅き潮のとほ鳴りひろひゐて耳は終日貝が
 らとなる
 青りんご未来の韻き青りんごかつてわたしの
 閉ぢたるこころ

 ストーブを囲む団欒ありました薬罐きりもち
 行平のせて

 ツル折らむツルを折るときツル折れば未だ焦
 がれるわたし流ツル

 

ISBN978-4-7522-8133-7
4/6判 並製
定価2000円(税別)

 ---------------------------------------------------------------------------
  スポーツ川柳
 スポーツで新型ウイルスもふきとばそう!

 


 9月度「スポーツ川柳vol.2」各賞発表です。

「スポーツ」をテーマにした川柳を募集します。応募いただいた作品を毎月ごと、編集部にて選考し各賞を翌月初旬に発表いたします。
皆様の投句をお待ち申し上げます。
投句はこちらから→ GO!  

 待望の短歌辞典好評発売中! 

『短歌用語辞典 増補新版』 日本短歌総研 編著

◆短歌実作者必携の短歌用語辞典が26年ぶりに大幅改定。見出し語は旧版から削ることなく200語追加、引例歌は1800首入れ替え400首増。
◆本書は、近代短歌数十万首より短歌によく使われる用語、独特の用語等を厳選し言葉の意味と働きを説明。さらに著名歌人の作品を多数引例。他に類書のない定番の辞典です。

 
ISBN978-4-7522-1043-6
4/6判箱入り 536頁
定価4000円(税別)
--------------------------------------------------------------------------- 




 iizuka shoten news !

 スポーツ川柳
スポーツで新型ウイルスもふきとばそう!

10月度「スポーツ川柳vol.2」各賞発表です。


 スポーツ川柳投句ページ

    
WEB連載バックナンバー
 ファミリー句会  佐怒賀直美
火の歳時記 片山由美子
空飛ぶ俳句教室 坊城俊樹
感動を表現する推敲の仕方 石田郷子
神々の歳時記 小池淳一
高濱虚子の100句を読む 坊城俊樹
フォト川柳への誘い 田口麦彦
子供の遊び歳時記 榎本好宏


 
現代俳句協会
日本伝統俳句協会
俳人協会
日本歌人クラブ
現代歌人協会
日本短歌総研
全日本川柳協会
日本現代詩歌文学館
a

著作権についてプライバシーポリシー
Copyright(c) 2003~2014 Iizuka-shoten co.,ltd. All Rights Reserved